血液事業を知ろう

保管から供給

保管されている輸血用血液製剤を医療機関へお届けするのも血液センターの大事な役目です。患者さんは待ってはくれません。輸血が必要になった時にいつでもお届けできるように、血液センターでは1年365日休みなく24時間体制で準備しています。

輸血用血液の供給

血液の保管

輸血用血液製剤は、医療機関からの要請があるまで専用の冷蔵庫や冷凍庫(室)などで保管します。
なお、冷蔵庫や冷凍庫には自記温度記録計や温度警報装置がつけられていて、常に適正な条件で保存管理を行っています。製剤の保存温度・有効期間について

冷蔵(凍)庫

血液の供給

兵庫県内には、約1,400県の医療機関があり、年間約500件の医療機関に輸血用血液製剤をお届けしています。
血液センターでは、いつでも医療機関の要請に応じられるように、24時間体制で輸血用血液の供給を行っている他、地域的な輸血用血液の過不足や血液型によるかたよりなどを調整したり、まれな血液型などに対応するため、全国規模で需給調整を行い、円滑な供給に努めています。

  • 24時間体制での受け付け
    24時間体制での受け付け
  • コンピュータによる最終確認
    コンピュータによる最終確認
  • 運搬中も血液製剤に適した保存管理
    運搬中も血液製剤に適した保存管理
  • 運搬用ケースに収納した状態
    運搬用ケースに収納した状態
  • 献血運搬車の定時配送
    献血運搬車の定時配送
  • 献血運搬車の緊急搬送
    献血運搬車の緊急搬送