血液事業を知ろう

製剤の保存温度・有効期間

保管から供給について

主な輸血用血液一覧(平成22年11月1日現在)

  品名 成分または本質 有効期間 保存温度
赤血球出血および赤血球が不足する状態、またはその機能低下による酸素欠乏のある場合に使用されます。 赤血球濃厚液-LR
「日赤」
ヒト血液200mLまたは400mLから白血球および血しょうの大部分を除去した後、赤血球保存用添加液(MAP液)をそれぞれ約46mL、約92mL加えたもの 採血後21日間 2~6℃
照射赤血球濃厚液-LR
「日赤」
放射線を15Gy照射した赤血球濃厚液-LR
洗浄赤血球-LR
「日赤」
ヒト血液200mLまたは400mLから白血球および血しょうの大部分を除去した赤血球層を生理食塩液で洗浄した後、同液を加えたもの 製造後24時間
照射洗浄赤血球-LR
「日赤」
放射線を15Gy照射した洗浄赤血球-LR
血小板血小板数の減少またはその機能低下による出血ないし出血傾向のある場合に使用されます。 濃厚血小板-LR
「日赤」
血液成分採血で採取した血小板を血しょうに浮遊したもの; 採血後4日間 20~24℃
要:振とう
照射濃厚血小板-LR
「日赤」
放射線を15Gy照射した濃厚血小板
濃厚血小板HLA-LR
「日赤」
患者のHLA型に適合する供血者から血液成分採血で採取した血小板を血しょうに浮遊したもの
照射濃厚血小板
HLA-LR 「日赤」
放射線を15Gy照射した濃厚血小板HLA
血しょう血液凝固因子、特に複数の欠乏による出血ないし出血傾向のある場合に使用されます。 新鮮凍結血漿-LR
「日赤」
ヒト血液200mLまたは400mLから白血球の大部分を除去した後、分離した新鮮な血しょうを凍結したもの 採血後1年間 -20℃
以下
新鮮凍結血漿-LR
「日赤」成分採血
血液成分採血により白血球の大部分を除去して採取した新鮮な血しょうを凍結したもの
全血大量出血などのすべての成分が不足する状態で、赤血球と血しょうの同時補給を要する場合に使用されます。 人全血液-LR
「日赤」
ヒト血液200mLまたは400mLに血液保存液(CPD液)をそれぞれ28mL、56mL混合し、白血球の大部分を除去したもの 採血後21日間 2~6℃
照射人全血液-LR
「日赤」
放射線を15Gy照射した人全血液-LR
合成血ABO式血液型不適合による新生児溶血性疾患に使用されます。 合成血-LR「日赤」 ヒト血液200mLまたは400mLから白血球および血しょうの大部分を除去したO型の赤血球層に、それぞれヒト血液200mL、400mLから白血球の大部分を除去した後、分離したAB型の血しょうを加えたもの 製造後
24時間以内
2~6℃
照射合成血-LR
「日赤」
放射線を15Gy照射した合成血-LR

LRLeukocytes Reducedの略で、「白血球を減少させた」の意です。